コピー機のリース期間が終わった場合は、コピー機を返却する以外にもいくつか選択肢があります。 今後どのようにコピー機を使いたいかによって選択が変わりますので、リース契約が終わりそうな場合には考えておきましょう。今回は、リース期間終了後の賢い選択について紹介します。

コピー機のリース期間が終わった場合はどうする?

返却する

リース契約を結んでいたリース会社にコピー機を返却する方法です。この場合、当然コピー機は使用できなくなってしまいますので、仕事に支障をきたす可能性があります。

再リースする

再リースとは、リース契約満了後に再度同じコピー機のリース契約を行い、延長して利用する契約を指します。リース契約で支払った料金よりも安い費用延長契約が可能な場合が多く、コストを抑えたい方におすすめです。

最新機種でリース契約をしなおす

最新機種のコピー機をリース契約する、いわゆる入れ替えです。消費電力量や各部品の高性能化、使いやすさの見直しなど、以前の導入時より製品自体が進化しているメリットがあります。メンテの頻度が下がり、場合によっては消耗品コストが下がることも。

コピー機を買い取る

リース契約で使用していたコピー機を買い取るお客様もいらっしゃいます。「使い慣れているコピー機をこのまま使用したい」という方はこちらの選択がおすすめです。買取料金はコピー機の中古価格と同等か、新品で購入した場合の2分の1程度としているのが一般的です。

どの選択が一番いい?

コストを抑えるなら再リース

とにかくコストを抑えたい方には、再リースがおすすめです。リース契約の10分の1程度の料金で使用できる上に、1年単位で契約更新が行えます。コピー機の搬入・搬出作業などの手間も省くことができるので「とりあえず今使っているコピー機で問題ない」という方におすすめの方法です。

性能をUPさせたいなら最新機種でリース

会社の成長や従業員の増加から、業務の効率化を求める場合は最新機種をリースするのがおすすめです。現在使用しているコピー機に不満を感じる場面があるのなら、最先端のテクノロジーを搭載している最新機種のリースをしてみてはいかがでしょうか。

故障が心配な場合も最新機種がおすすめ

故障や不具合が心配な方も最新機種を選択したリースがおすすめです。最新機種なら故障や不具合を起こす可能性が低く、メンテナンス時も問題なくサポートしてもらえます。

まとめ

コピー機のリース契約期間が終わった後に再びコピー機を利用する場合、コストを抑えるなら再リースがおすすめですが、業務の効率化や故障のリスクを避けるのであれば最新機種のリースを検討しましょう。どのようなコピー機を利用したいかについて考えることで、失敗のない選択ができます。