オフィス業務では必須のコピー機・複合機ですが、長年使用したことで不具合が多く発生するようになり新しいコピー機を導入する場合、粗大ごみとして出せない古いコピー機をどのように処分すれば良いかわからずにお困りの会社様もあるかと思います。この記事ではそんなコピー機・複合機を処分する方法についてご紹介します。

コピー機・複合機を捨てる(廃棄・処分)時に確認すること

コピー機を処分するためにまず行うことは、処分するコピー機がリース契約しているものか、購入したものかを確認してください。

なぜならリースでコピー機を使用している場合、そのコピー機の所有権はリース会社にあるため、こちら側で勝手に廃棄してしまうと損害賠償を請求される可能性があるからです。

処分したいコピー機がリース品の場合

コピー機がリース契約の場合はリース期間満了まで使用し、リース契約が終了したらコピー機を返却することをリース会社に伝えましょう。

リース会社に返却を依頼した場合、コピー機を運び出す際の運送料や廃棄処理費用が生じる場合があるので、事前にリース会社に確認してください。

なおリース機種はリース会社のシールが貼られているので、もし現在使用しているコピー機がリース品かわからない場合は機体をチェックしてみてください。

処分したいコピー機が購入品の場合

処分したいコピー機が購入品の場合リースではなく購入したコピー機を処分する場合は以下の方法があります。

・処分するコピー機のメーカーに依頼
・産業廃棄業者に依頼
・販売業者で新しくコピー機をリースして古いコピー機を回収してもらう

下記で順に解説していきます。

メーカーにコピー機・複合機を捨てる(廃棄・処分)依頼をする

リースではないコピー機を処分する場合、処分するコピー機のメーカーに処分依頼をするのが一番安全で手堅い方法になります。

メーカーは機種に残ってしまっている初期化では消去しきれないデータを完全に消去したうえで、機種に応じて適切な処理を行うため、パーツなどが外部に流失せず情報漏えいのリスクを防げます。なおデータ消去に関しては有料で行っているメーカーもあります。

メーカーに処分依頼をする場合、回収費用+運送費用+産業廃棄費用でおおよそ20,000~40,000円ほどかかります。またトナーなどの回収費も別途かかります。

各メーカーで料金に差異があるため、お問い合わせ窓口で確認しましょう。

産業廃棄業者にコピー機・複合機を捨てる(廃棄・処分)依頼をする

コピー機の処分は産業廃棄物専門業者に依頼することも可能です。産業廃棄物処理は自治体への申請と免許の取得が必要なため、一般的な廃品回収業者より信頼性は高くなります。しかしデータ消去までは行われないので注意が必要です。

料金に関しては業者によりますが、おおよそ5,000円~25,000円程度と、メーカーに依頼するより安いケースが多いです。

なお産業廃棄物専門業者ではない不用品回収業者は引き取り無料と謳っていても、持ち込みをする必要があったり、計測で重量に応じて別途料金を請求されるケースがあるため、見積もりを取る際にしっかり確認するようにしましょう。

リース契約して古いコピー機・複合機を廃棄(処分)してもらう

コピー機販売代理店で新しいコピー機をリース契約して、そのコピー機が搬入されたタイミングで古いコピー機を回収、もしくは下取りしてもらうという方法があります。

精密機械の運送料は高額なため販売店によってはこのようなサービスがない場合もありますがコピー機屋さん.comでは受け付けております!

  • コピー機屋さん.comではリース契約した新しい機種をオフィスに搬入するタイミングで古いコピー機(複合機)を回収します!
  • 新しく導入するリース機種は※全国2位の販売実績でメーカーから優待価格でコピー機を仕入れられるのでお客様の要望と業種にマッチした1台を特別価格でリース提供できます!

    ※コニカミノルタチャンピオンシップ2020全国販売ポイント2位

古いコピー機をお金をかけずに処分したい…、コピー機を安く新しいものに入れ替えたい…、そのようなお悩みはお気軽にコピー機屋さん.comまでご相談ください。