コピー機・複合機販売の会社です。電話・郵送でのお手続き可能。全国メーカーメンテ対応でサポートも安心です。

コピー機屋さん.com

コピー機の保守とコストについて

ほとんどの場合、コピー機をご導入いただいた時点で「保守契約」というご契約を結んでいただくことになります。コピー機のランニングコストは、保守契約の内容=保守の方式によって変わります。このページでは保守の方式についてと、それに伴うランニングコストについて具体例を挙げてご案内いたします!保守の方式は機種によってメーカーが定めており、主な方式は下記の2通りです。

保守とは?

機械の調子が悪い時に行うサービスマン派遣や機械のメンテナンス、トナーの購入や配送などの対応を保守と言います。保守契約が無いと、それらの対応に都度数万~数十万の費用が発生してしまいます。

カウント機:使用枚数が多い企業様におすすめ

カウント方式とは、印刷1枚につき数円~数十円という価格が設定されており、刷った枚数に応じて料金をお支払いただく方式です。多くの場合、モノクロ印刷1枚5円、カラー印刷1枚20円というように、モノクロかカラーかの違いで値段が設定されています。
毎月の印刷枚数が一定であったり、使用枚数が多い場合に向いています。枚数の目安はおおよそ400枚以上/月間です。
メーカーによっては「コピーチャージ」や「カウンター方式」と呼びます。
用紙は別途ご購入いただく必要がございます。
POINT:カウント方式の機種はトナー料金がかかりません!

カウント方式のコストイメージ

トナー(キット)機:使用枚数が不規則・少なめな企業様におすすめ

トナー方式とは、トナー(コピーキットと呼ぶ場合があります)をご購入いただく方式です。トナー料金に保守の費用が含まれているため、リース料金(本体代金)のみで機械をご利用いただけます。
使用しない期間があるなど毎月の印刷枚数が一定でない場合や、単純に枚数が少ない場合に向いている方式です。枚数の目安はおおよそ400枚以下/月間です。
メーカーによっては「キット方式」や「トナーキット方式」と呼びます。
用紙は別途ご購入いただく必要がございます。
トナーをご購入いただくことで受けられるサービスのため、非正規トナーをご利用になると保守が切れてしまいます。ご注意ください。(例:ネットショップのリサイクルトナーなど)
POINT:トナー方式の機種は印刷枚数に対して料金がかかりません!

トナー方式のコストイメージ

年間契約

年間契約方式とは、1年~複数年ごとにまとまった保守料金を支払う保守形式で、この料金に消耗品交換や、オンサイト(訪問メンテ)保守の料金が含まれております。A4機などの特殊な機種に設定されていることが多い方式です。申し込まない、あるいはコピー機ご導入後時間が経ってからの加入が可能ですが、ご導入時にお申込みいただいた方が割安となります。

どれを選べがいいの? リースって大丈夫なの? 結局いくらかかるのかよく分からない、などなど…

コピー機・複合機の疑問や不安をご相談下さい。

お問い合わせいただいたからと言って「スグ契約を!」とは絶対なりません。また、お見積もり内容によく分からないオプションが入って金額が上がるようなことも一切ありません。必ず金額についてご説明させていただき、お客様のご納得の上でご契約をいただくのが弊社のモットーです。